【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

2007年06月17日

開幕週の馬場

夏競馬開幕。

馬の質としては他の季節よりも落ちる傾向にあるが、新馬戦、降級、滞在競馬、夏負け等々、 予想する側には面白いファクターが増える時期だ。

土曜日の芝のレースは開幕週ということで、どの場も総じて速い時計が記録された。

函館
9R500万下芝1200m(1.09.6)
11R1000万下芝1200m(1.09.1)
洋芝100%の馬場ながら、500万下条件でも1分9秒台の時計が記録される絶好の馬場状態。ただ、 ダート巧者や重い芝を得意としているパワー型の馬の台頭も見られる。北海道の王様・藤田は今年も健在。

福島
12R500万下芝1200m(1.08.4)
10R1000万下芝1200m(1.07.9)
高速馬場で前残りの傾向が強い。速く荒れ馬場になって欲しい。松岡正海と田中勝春の勢いはここでも健在で、 この開催のリーディングはこの2人で争うものと思われる。

阪神
10R1000万下芝1600m(1.32.0)
条件戦でレコードが記録されるほどの超高速馬場で、なんと12着までが1分32秒台。 これまでのレコードが読売マイラーズカップでコンゴウリキシオーが記録した1.32.2。重賞レベルの馬なら中山のレコード1.31. 5に迫る時計が出せるだろう。
日曜日のメイン・マーメイドS(芝2000m)では、新コースになってから記録されていない、2分を切る高速決着になる可能性がある。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 10:11 | コメント (2423) | トラックバック (3)

2007年06月03日

内枠克服~安田記念(G1)東京芝1600m

日曜東京メイン、第57回安田記念は2番人気ダイワメジャーが優勝し、G1通算4勝目を上げた。

レースは、予定通りコンゴウリキシオーが逃げる展開。ダイワメジャーは内ラチ沿いの4番手を追走。終始馬群は一団のまま直線に入り、 逃げるコンゴウリキシオーをマイネルスケルツィ、エイブルワンが捕まえに行くが捕らえきれず、逆にいっぱいに。 坂を上がったところで馬群から1頭だけ抜け出したダイワメジャーが差し切りゴール。

勝ちタイムは1.32.3、前半3F34.1、後半3F34.8。

逃げてクビ差2着まで粘ったコンゴウリキシオー。前走は読売マイラーズカップ(G2・阪神芝1600m)。勝ちタイム1.32.2、 前半3F34.9、後半3F34.0。このタイムと今回のタイムとを見比べると、ほぼ力を出し切っている。ただ、 今回は先頭に立ったところで掛かり気味に進出してきたエイブルワンに絡まれて若干前半のペースが上がった。 このロスがなければもっと際どい勝負だった可能性もあり、かなりの力を持っている。

勝ったダイワメジャーは戦歴、レース振りを見ると明らかに外枠の方が良い馬。昨年の安田記念も1番枠で4着、 05年も3番枠で8着に破れている。今年も1枠2番と内枠を引き、 メンバーからも外からかぶせられる展開が懸念された(鞍上も勝利騎手インタビューで心配していたとの発言あり)が、 内ラチべったりの4番手を嫌がる素振りもなく追走、直線外に持ち出し伸びた。これで昨年のマイルCS(G1・ 京都芝1600m)からマイルG1を2連勝、G1通算4勝とし、中距離路線で力上位を印象づけた。

3,4着には牝馬の2頭、ジョリーダンスとアドマイヤキッスがそれぞれ入った。上位2頭には少し離されたが、 2頭共に前走ヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600m)から続けての好走。牝馬路線なら目が離せない存在だ。

これでひとまずG1はお休み。春のG1は6月24日の宝塚記念を残すのみとなった。16日からはいよいよ北海道シリーズが開幕し、 新馬戦もスタートする。宝塚記念で大きな花火を上げる為、2週間で力を蓄えたい。蓄えられた試しはないが・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 19:32 | コメント (3444) | トラックバック (14)

2007年05月20日

ハイペース~優駿牝馬回顧

例年3ハロン目から13秒前後に弛むラップを刻んでいたレースだったが、昨年は前半に11秒台が並ぶ展開になった。そして今年も、 昨年ほど速くはないが弛む所もない淡々とした流れになった。

勝ったのはローブデコルテ。桜花賞、最速上がりで4着から見事に巻き返した。直線抜け出そうとしたところで両側から挟まれる形になり、 一旦下げて建て直すロスがあったが、ちょうど後ろから来た馬と合わせると更に伸びて見せた。

2着はベッラレイア。好スタートから好位へつけるこれまでよりも積極的な競馬。直線残り300mあたりで先に抜け出したが、 前半速い流れを追走したためか、1頭だけになってしまったためか最後止まってハナだけ差された。

レースのラップは前半1000m通過59.1、後半1000m60.7。前半3F35.2、上がり3F35.8。やや前傾ラップで、 力勝負の好レースだったといえる。特に2着ベッラレイアは最後差されたとはいえ、先行勢が伸びを欠く中、1頭だけ抜け出してきた。 1番人気を背負い、後方で脚を溜めるリスクをとりづらかった事情もあるかもしれないが、今回こういうレースが出来たことは収穫だろう。 今後も注目だ。

秋山Jの心中は察するに余りあるが、今回好騎乗でG1初連対。今後チャンスも増えるのでは?

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 18:41 | コメント (102) | トラックバック (5)

2007年05月13日

2強共に不発~ヴィクトリアマイル(牝馬・G1)東京芝1600m

日曜東京メイン、ヴィクトリアマイルは12番人気コイウタが制し、春の女王の座に着いた。

レースは、積極的に行きたい馬もなく、アサヒライジングが好スタートからすんなりハナに立ち、すぐに隊列が決まった。 そのまま直線に入り、逃げ粘るアサヒライジングに先行集団が襲い掛かり、内を突いてコイウタが抜け出し、 やや外目からデアリングハートが並びかけたところがゴール。

縦長の展開になったが、600m通過が34.8。この日はやや時計が出る馬場になっており、決して速いペースではなかった。 レースの上がりは34,3で12頭が上がり33秒台。先行争いが激しくならずテンがやや弛んだことで、 結果的に後傾ラップとなり先行馬に流れが向いた。追い込み勢は全滅。 2強と思われた1番人気カワカミプリンセスと2番人気スイープトウショウはそれぞれ10着、9着と全くいいところがなかった。

勝ったコイウタは3歳時に同コースでクイーンカップを勝っているマイル巧者(そのときの2着もアサヒライジング)。 前走はダービー卿CT2着。3着デアリングハートが同レース6着だった。やはり牡牝混合重賞組>牝馬S組は今年も崩れなかった。 来年まで覚えておきたい。

2着アサヒライジングは近走不振だったとはいえG1で常に接戦を演じていた実績馬。力からすればこの結果は十分予想できた。(無印・・・ )

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 18:18 | トラックバック (36)

2007年05月06日

外枠・・・~NHKマイルカップ回顧

 日曜東京メイン、NHKマイルカップは17番人気の牝馬ピンクカメオが直線大外一気の末脚で差し切り勝ち。 2着には1番人気ローレルゲレイロが入ったが、3着には最低人気ムラマサノヨートーが入り、3連単は900万馬券となった。

 レースは、マイネルレーニア、オースミダイドウ、イクスキューズが先行争いでテンの3ハロンが34.2のハイペース。 縦長の隊列から直線入り口で馬群が横に広がり内の先行馬が脚が上がり、外枠の差しに回った馬に流れが向いた。

 結果を見ると、上位馬は10番から外の馬ばかり。外枠からそのまま外目を回った馬が上位を占めた。 内を突いたのは武豊J騎乗で6着の17番ダノンムローのみ。枠順の差がかなりあったと思われる。

 流れは例年通りテンが速く上がりが掛かる流れになったが、さすがにここまで荒れてしまってはお手上げ。 1頭だけ先行して粘りこんだ2着ローレルゲレイロは強いが、並ばれるとどうも良くない様。結局1勝馬のまま。

 今回の結果は馬場と、このレース特有の展開によるもの。出走馬の次走以降の取捨には注意したい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 17:37 | トラックバック (33)

2007年04月23日

切れる!~フローラS

 日曜東京メイン、フローラS(オークストライアル)。

1着ベッラレイア
2着ミンティエアー
3着イクスキューズ

 レースは、イクスキューズが好スタートからスピードを生かして先頭に。後続を2馬身ほど離しての逃げ。ベッラレイア、 ミンティエアーは後方。

 イクスキューズがそのまま直線までリードをキープ。ベッラレイアとミンティエアーは4コーナー同じ位置。 ミンティエアーが内へ仕掛けていき、ベッラレイアは外へ。

 先行集団がいっぱいになるが、イクスキューズは止まらず、後続を引き離す。内から場群の切れ目をミンティエアーが突き伸びてくる。 ベッラレイアは直線入り口で前が壁になり、外に持ち出すのに手間取る。

 残り200m手前で外に持ち出したベッラレイアが強烈な末脚を繰り出し、粘るイクスキューズ、 先に抜け出したミンティエアーを交わした所がゴール。

 

 勝ち時計は2.00.8。同日9R、同距離古馬1000万下の勝ち時計が1.59.7。 9Rがかなりのハイペースで出た時計だったことと、勝ち馬の直線のロスを考慮すれば時計もまずまず。

 差し馬が上位を占める中逃げ粘ったイクスキューズは強いが本番では?。長くいい脚を使ったミンティエアー、 強烈な末脚を持つベッラレイア。この2頭は本番でも通用する可能性があるのでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 20:45 | トラックバック (0)

2007年04月15日

今年は15番人気~皐月賞

 勝ったのは田中勝春騎手騎乗の7番人気ヴィクトリー。2コーナー手前から先頭に立ちマイペースで押し切り勝ち。 若葉Sからここを勝ったのは、ノーリーズン以来。田中勝Jはなんと15年ぶり2勝目のJRA・G1勝利。 2着には京成杯勝ち馬で15番人気サンツェッペリン。今年も2桁人気馬が絡んだ。

 レースは、スタートからサンツェッペリンが押して先頭に立ち、ペースが落ち着きそうになった2コーナーでヴィクトリーが先頭に。 そのままサンツェッペリンを少し引き離し、サンツェッペリンも後ろを離し気味に先行。2頭共にマイペースを保ったまま、 結局そのままゴールまで2頭の競り合い。フサイチホウオーが後ろから鬼のような脚で追い込んだが届かず。

 ペースは前後半59.4-60.5のフラットペース。それほど速い流れでもなかったが、人気のフサイチホウオー、 アドマイヤオーラ共に後ろからの競馬になったためか、馬群は縦長になり前の2頭は能力を全開させた。

 3着フサイチホウオーは1枠が災いした。後ろからの競馬になり、4コーナーでも外に出すまでに時間を要した。 エンジンが掛かったのは直線に入ってからで、そこからの伸びは強烈。あと1完歩足りず勝利を逃した。ダービーでは中心視されるだろう。

 戦前の予想で最もレベルの高いステップレースとされていた弥生賞組は結局アドマイヤオーラの4着が最高。 若葉SとスプリングSの決着となった。3歳馬の評価は難しい。1つ負けただけで評価が極端に落ちたりするのだから・・・。 今日負けたメンバーの中にも東京でこその馬がいたりして・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 20:06 | コメント (2) | トラックバック (6)

2007年04月09日

さて、本番は?~ニュージーランドT回顧

 NHKマイルCトライアル、ニュージーランドTは、1着に11番人気トーホウレーサー、2着に16番人気(最低人気) マイネルフォーグが入り馬連配当が10万円を超える波乱となった。

 レースは、スタートでトーホウレーサーがハナに立とうとするが、外からユーチャリスが掛かり気味に先頭に立ち、 2番手にマイネルレーニア。前半は速いペースで進み、バテ合いの競馬に。マイネルフォーグは3コーナー過ぎから内を進出し、 4コーナーではトーホウレーサーに並んだが、直線に入ったところで突き放された。3着以下にはワールドハンター、 スズカコーズウェイなどの後方待機組が入った。

 勝ったトーホウレーサーは、先行馬総崩れの中1頭だけ良く粘ったが、スタートのダッシュ力、追い出してからの反応の良さを見ると、 一瞬の切れ味で勝負するタイプ。中山向きで、本番では軽視か。

 2着マイネルフォーグは逆に長く脚を使えるタイプで、東京コースは向きそう。ただ今回は、 馬群をうまく捌いて非常にスムーズな競馬が出来たことが大きい。血統も父スターオブコジーンと、 桜花賞で敗れたアストンマーチャンの父アドマイヤコジーンと同じ系統で、G1ではもうひとつ物足りない感がある。 本番での取捨は人気次第といった感じで。

 昨年はここで2,3着した馬がそのまま本番で1,2着したが、今年はどうなることやら・・・?

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 22:14 | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年04月08日

謀られた!!~桜花賞回顧

 牝馬クラシック第1弾、桜花賞は、3番人気ダイワスカーレットが3番手から直線抜け出し、 追いすがる1番人気ウオッカを1馬身半押さえて快勝した。

 レースは、ペースを握ると思われたショウナンタレントがゲートが合わず出遅れ。好スタートを切ったアマノチェリーランが逃げる展開。 向正面でアストンマーチャンが掛かって2番手に押し上げる。ダイワスカーレットがその後をついて上がり3番手。 ウオッカがダイワスカーレットが見える位置で外々を追走。四位Jはどうやら相手を1頭に絞っていたようだ。 直線手前からダイワスカーレットが前に並びかけ、ウオッカを引き連れて抜け出した。以降は2頭の競馬。格の違いを見せ付けた。

 アストンマーチャンはスタート後に掛かってしまったのが敗因。前走フィリーズレビューよりテンの3ハロンが1秒近く遅い展開で、 我慢が効かなかった。

 ダイワスカーレットとウオッカは共に前走で、今回と同コースのチューリップ賞を走っている。そのときは、ダイワが逃げ、 直線に入りウオッカが並びかけたところから叩き合い、クビ差でウオッカが勝っている。そこでウオッカの末脚を計った安勝Jは、 負けた分だけ本番でレース展開を修正して見せた。お見事。

 前哨戦で手の内を見せたウオッカ・四位Jと、手の内を隠し相手の力を計ったダイワスカーレット・安勝Jの、 大きなレースを勝つための戦略力の違いが出た格好になった。ただ、試し乗りが出来る立場の安勝Jと、 試し乗りをして負けたら次が無いかもしれない四位Jとの立場の違いには深く同情する。

 ウオッカの次走の鞍上は・・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 18:21 | コメント (4455) | トラックバック (10)

2007年04月03日

さすが2冠馬~産経大阪杯(G2)

 レースは戦前の予想通りシャドウゲイトが逃げる展開。少し後続を離して逃げたが、ペースはスロー。アラタマインディ、 トリリオンカットあたりが壁になってくれたこともあって、うまく逃げ粘り2着。

 1.9倍の1番人気に推されたメイショウサムソンは、このスローペースの中3コーナー過ぎから、さすが2冠馬と思わせる脚で進出。 コスモバルク等先行集団を楽々交わし去り、人気に応えた。春の大目標は、距離の不安の残る天皇賞よりも、宝塚記念か?

 3着メイショウオオテは最後方から。内ラチ沿いでじっと我慢し、直線に入っても開いた内を突いて追い込んだ。 勝ちに行った競馬ではないにしても、終いの脚は確か。

 メイショウオオテと直線入り口で同じ位置から外を回ったホッコーソレソレーも差し脚が目立った。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 18:57 | トラックバック (1)

2007年03月25日

好騎乗~高松宮記念

 2007年 3月25日(日) 1回中京8日
【11R】 第37回高松宮記念
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1200m 

馬 名 性齢 斤量 着差
4 8 スズカフェニックス 牡5 57  
8 17   ペールギュント 牡5 57 21/2
6 11 プリサイスマシーン 牡8 57 クビ
2 4   ビーナスライン 牝6 55 1/2
8 16 オレハマッテルゼ 牡7 57 クビ
5 9 マイネルスケルツィ 牡4 57 ハナ
6 12   エムオーウイナー 牡6 57 1/2
1 1   シーイズトウショウ 牝7 55 ハナ
7 14   リキアイタイカン 牡9 57 ハナ
10 7 13   タマモホットプレイ 牡6 57
11 B3 5   ディバインシルバー 牡9 57
12 4 7   スピニングノアール 牡6 57 3/4
13 1 2   アンバージャック 牡4 57 クビ
14 2 3   サチノスイーティー 牝4 55 ハナ
15 7 15   コスモフォーチュン 牝5 55
16 3 6   キーンランドスワン 牡8 57 11/4
17 8 18   スリーアベニュー 牡5 57 クビ
18 5 10   モンローブロンド 牝5 55

 

 

 朝まで雨が残り1日中重馬場。適性を心配されつつ1番人気に推されたスズカフェニックス。スタート後、 そのあたりを考慮してかいつもより前目、中団外を追走。芝の良い所ギリギリを走っていたように見えた。3コーナーから早目に進出。 直線入り口ではプリサイスマシーンに併せ、競り落として力強く抜け出した。
 タイムは1.08.9、上がり3F34.6。レース前後半33.8-35.1。重馬場で鈍る末脚をカバーする好騎乗で馬の能力を発揮させ、 20年連続のG1勝利を飾った。

 2着ペールギュントは13番人気。勝ち馬の真後ろを追走し、つづいて抜け出してきた。距離短縮と外枠が嵌り久々の重賞好走。 橋口師からはスズカ徹底マークの指令が出ていたに違いない(勝手に想像)。

 スズカフェニックスの次の目標は安田記念ということになるだろうが、そこでも当然中心視できる。東京の長い直線で今度は末脚炸裂だ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 18:10 | トラックバック (7)

2007年03月19日

楽勝~フラワーカップ

 土曜日の中山メインレース、フラワーカップは、好スタートから楽に先頭に立った一番人気ショウナンタレントが、 直線でさらに後続を引き離し快勝した。

 レースは、フラワーカップにしては珍しく終始スローペース。善臣Jの好騎乗といえる。この流れであがり35. 9は速いとはいえないが、直線でもまだ余力十分に見えた。

 前走のハイペースのレースから一転、今度はスローペースで楽勝。折り合いの心配もなく緩急自在。次はそう楽は出来ないが、 もっと良くなる可能性もあり注意は必要。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 19:11 | トラックバック (1)

2007年03月18日

末脚炸裂も・・・~スプリングS回顧

 皐月賞トライアル、スプリングステークスは横山典J騎乗の一番人気フライングアップルが、 最後方追走から全馬を一気に差しきり重賞初制覇を果たした。2、3着には先行して粘りこんだマイネルシーガル、エーシンピーシーが入った。

 レースはショウワモダンがハナを切り、淀みのない淡々としたペースで流れた。ラップを見ると、 04年の同レースとほぼ同じ流れだったことがわかる。そのときもブラックタイドが後方追走から差ししきり勝ちを収めている。 騎手もフライングアップルと同じ横山典Jだった。そして次走、皐月賞では、スプリングSで追い込んで好走した1,2着馬は惨敗し、 先行して3着に粘ったダイワメジャーが優勝している。

 今回のレースと04年を比べてみると、今回勝ったフライングアップルが最後方から最内をついて、勝ちタイム1.49.0、 上がり35.8。2着マイネルシーガルの上がりは36.7。04年のブラックタイドが勝ちタイム1.48.3、上がり35.2。 3着ダイワメジャーの上がりが36.3。両レースともに差し馬に流れが向いたことと、今回の方が上がりが掛かっていることがわかる。 馬場の違いはあるものの、1~3着馬のこの上がりタイムは少し不満が残る。(参考までに10R東風Sの勝ちタイムは04年1.34.3、 今回1.33.6。)

 今回の結果が本番に繋がるのかどうかは疑問が残る。特に勝ち馬は04年の例からも疑ってかかりたい。2、 3着馬についてもG1で好走までは・・・と思わせる内容だった。更なる上積みに期待はするが。

 本命に推したサンツェッペリンは今回は控える競馬。4コーナーいい脚で上がってきたと思ったら直線詰まったりしていいところなし。 ただ、やはり前に行ったほうが持ち味は生きそう。次走は先行策だろう。上位馬の力が??? なだけに本番ではむしろこの馬の巻き返しに期待したい・・・・と、負け惜しみで締めてみたい気分だ(◎だけが馬券圏外)

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 19:28 | トラックバック (2)

2007年03月06日

3歳戦 牝馬1強、牡馬は???

3歳クラシック、牝馬はチューリップ賞を勝ったウォッカの1強体制が確定的となった。 ダイワスカーレット鞍上の安藤勝Jも次走は策を弄してくるだろうが、能力差は決定的だ。自爆してもらう以外に付け入る隙はなさそう。

対して牡馬は、アドマイヤオーラが弥生賞を勝ち能力上位を印象付けた。が、こちらはまだまだ混戦模様。
2着ココナッツパンチはまだ2戦目、4着メイショウレガーロも今回楽をして上積みがありそう。
そして無敗の重賞3勝馬フサイチホウオーを筆頭に、ラジオNIKKEI杯2着ヴィクトリー、きさらぎ賞勝ち馬アサクサキングス、 京成杯勝ち馬サンツェッペリン等々有力馬が目白押し。まだまだ目が離せない。

今年も牡馬クラシック戦線は予想のしがいがあり、面白くなりそうだ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 18:15 | コメント (2) | トラックバック (0)