【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

2007年06月17日

開幕週の馬場

夏競馬開幕。

馬の質としては他の季節よりも落ちる傾向にあるが、新馬戦、降級、滞在競馬、夏負け等々、 予想する側には面白いファクターが増える時期だ。

土曜日の芝のレースは開幕週ということで、どの場も総じて速い時計が記録された。

函館
9R500万下芝1200m(1.09.6)
11R1000万下芝1200m(1.09.1)
洋芝100%の馬場ながら、500万下条件でも1分9秒台の時計が記録される絶好の馬場状態。ただ、 ダート巧者や重い芝を得意としているパワー型の馬の台頭も見られる。北海道の王様・藤田は今年も健在。

福島
12R500万下芝1200m(1.08.4)
10R1000万下芝1200m(1.07.9)
高速馬場で前残りの傾向が強い。速く荒れ馬場になって欲しい。松岡正海と田中勝春の勢いはここでも健在で、 この開催のリーディングはこの2人で争うものと思われる。

阪神
10R1000万下芝1600m(1.32.0)
条件戦でレコードが記録されるほどの超高速馬場で、なんと12着までが1分32秒台。 これまでのレコードが読売マイラーズカップでコンゴウリキシオーが記録した1.32.2。重賞レベルの馬なら中山のレコード1.31. 5に迫る時計が出せるだろう。
日曜日のメイン・マーメイドS(芝2000m)では、新コースになってから記録されていない、2分を切る高速決着になる可能性がある。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 10:11 | コメント (2423) | トラックバック (3)

2007年06月03日

内枠克服~安田記念(G1)東京芝1600m

日曜東京メイン、第57回安田記念は2番人気ダイワメジャーが優勝し、G1通算4勝目を上げた。

レースは、予定通りコンゴウリキシオーが逃げる展開。ダイワメジャーは内ラチ沿いの4番手を追走。終始馬群は一団のまま直線に入り、 逃げるコンゴウリキシオーをマイネルスケルツィ、エイブルワンが捕まえに行くが捕らえきれず、逆にいっぱいに。 坂を上がったところで馬群から1頭だけ抜け出したダイワメジャーが差し切りゴール。

勝ちタイムは1.32.3、前半3F34.1、後半3F34.8。

逃げてクビ差2着まで粘ったコンゴウリキシオー。前走は読売マイラーズカップ(G2・阪神芝1600m)。勝ちタイム1.32.2、 前半3F34.9、後半3F34.0。このタイムと今回のタイムとを見比べると、ほぼ力を出し切っている。ただ、 今回は先頭に立ったところで掛かり気味に進出してきたエイブルワンに絡まれて若干前半のペースが上がった。 このロスがなければもっと際どい勝負だった可能性もあり、かなりの力を持っている。

勝ったダイワメジャーは戦歴、レース振りを見ると明らかに外枠の方が良い馬。昨年の安田記念も1番枠で4着、 05年も3番枠で8着に破れている。今年も1枠2番と内枠を引き、 メンバーからも外からかぶせられる展開が懸念された(鞍上も勝利騎手インタビューで心配していたとの発言あり)が、 内ラチべったりの4番手を嫌がる素振りもなく追走、直線外に持ち出し伸びた。これで昨年のマイルCS(G1・ 京都芝1600m)からマイルG1を2連勝、G1通算4勝とし、中距離路線で力上位を印象づけた。

3,4着には牝馬の2頭、ジョリーダンスとアドマイヤキッスがそれぞれ入った。上位2頭には少し離されたが、 2頭共に前走ヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600m)から続けての好走。牝馬路線なら目が離せない存在だ。

これでひとまずG1はお休み。春のG1は6月24日の宝塚記念を残すのみとなった。16日からはいよいよ北海道シリーズが開幕し、 新馬戦もスタートする。宝塚記念で大きな花火を上げる為、2週間で力を蓄えたい。蓄えられた試しはないが・・・。

にほんブログ村 競馬ブログへ

投稿者 beatniks : 19:32 | コメント (3444) | トラックバック (14)